楽天モバイルのお得&キャンペーン情報

楽天格安スマホの特徴まとめ

MVNOとは大手の携帯電話会社以外の携帯電話キャリアのことを指しますが、話題の格安なスマホサービスを展開しています。楽天市場もこれに参入しました。その名も楽天モバイルです。格安スマホをうたっているだけあり、大手キャリアからMVNOに移行すれば、毎月の利用料金がグーンとお安くなることが期待できるでしょう。なんといっても毎月の代金が1250円から利用できるのですから、いま、大注目なのも頷けますね。信頼の高いドコモ回線を使っている楽天モバイルは、ドコモと同じように対応エリアも広く、通話品質も同等です。しかも楽天モバイルの契約期間中は、楽天市場でのお買い物で2倍のポイントがもらえる点も魅力の一つです。今回は、楽天モバイルの料金プランの解説から、速度情報・キャンペーン情報まで網羅しました。楽天モバイルのすべてがご理解頂けるかと思います。

docomoの基地局を使ったお得なスマホ

格安スマホの楽天モバイルは国内通信業者最大手のNTTドコモとその回線利用契約をしています。ドコモと同じ品質で通話出来るのは当然のことながら、広範囲にわたるサービスエリアでつながりにくいと言ったことが少なく快適に利用できます。docomoのスマートフォンのほとんどが、楽天モバイルで使用できる機種に該当します。ドコモからの切り替えではなく、楽天モバイルで発売されているスホを直接ご購入いただくことも可能です。すでにNTTドコモのスマホをお持ちの方は、SIMカードのみの契約で楽天モバイルの利用を開始できますので、無駄に端末代金を支払う必要もないので嬉しいかぎりですね。楽天モバイルは、安心のドコモ回線を利用できるお得な格安スマホなのです。

格安スマホの種類が豊富!

現在所持されている端末が、楽天モバイルに対応していないという方もいらっしゃるかと思いますが、その場合は、スマートフォンを新しく購入することになります。この場合、セット販売のプランを申し込んでいただく事になりますが、気になる端末選びについては、種類が豊富で、他のMVNOと比べても非常に充実したラインナップとなっています。スマートフォンだけでなく大きな画面で使用したいタブレット派の人のためにも、たくさんの端末が用意されています。楽天モバイルのデメリットとしては、本体購入を分割払いできるのは、楽天カードを利用する方法しかありません。もしも、楽天カードをお持ちでないということであれば、端末の代金は契約時に一括で支払わなくてはなりません。MNNOの中でもNo.1を誇る機種の多さです。

高速通信容量のくりこしに対応

スマホのデータ通信量は契約プランによって違ってきますが、あまり使わなかった月などは、かなり余ってしまうこともあるかと思います。そんな場合でも、楽天モバイルは、余ったデータ容量を翌月に繰越て使うことができて、大変助かります。余ったデータ容量を繰り越せないMVNOがある中、このサービスは、楽天モバイルが提供するお得なサービスの一つです。データ通信量を繰り越せるサービスを駆使して、お得に格安スマホを使っていきたいですね。

通話代が半額!楽天でんわ

楽天モバイルの「楽天でんわ」は通話料が半額になるお得なサービスです。IP電話と違う点は、プレフィックス型通話というサービスがあり、発信元であるこちらの電話番号が発信先の相手にきちんと通知されます。もちろん、IP電話にはありがちな050番号が付加されることもなく、あなたがいつも使っている携帯の電話番号が相手に通知されます。相手側からみると、いつもの電話となにも変わりません。IP電話では番号を相手に通知することが出来なかったり、050番号が通知されてしまったりして、ちょっと使いづらいですが、その点楽天でんわは、非常に使い勝手が良いです。楽天電話なら、かけた電話料金も、楽天ポイントに加算されますので、さらにお得ですね。キャリアと同じような、カケ放題も開始となりました。

5分カケホーダイ

docomo、au、ソフトバンクの大手3キャリアは通話し放題のプランがありますが、MVNOでは一部の業者しか通話し放題プランに対応していないのが現状です。MVNOの格安スマホの需要が高まるなか、通話回数が多い方でも安心してご利用いただけるサービスが開始されました。楽天モバイルから、月々850円で5分間の通話が無料になるオプションが登場しました。回数無制限で、5分間無料です。IP電話と違い、電話回線を使った「5分かけ放題オプション」は、楽天でんわと同じく、発信者の番号が通知できるので、不審に思われることなく、5分間が通話し放題になるという利点があります。NifMoにもかけ放題オプションがありますが、相手方に非通知で来ることがそこそこあるみたいです。楽天でんわの通話料は1分あたり21.6円となっているので、一回の電話はおよそ5分以内で用件だけ伝えたら電話を切ってしまうが、用件を伝える回数が多い(特に、通話時間の合計が一ヶ月あたり43分以上になる)という人にはかなりお得なオプションといえますね。

最初の1ヶ月は無料

今、格安スマホの楽天モバイルではSIMやSIM+本体の契約をすると、ひと月目の使用料は不要となります。ここで言う最初の一ヶ月とは、SIMカードやスマホ本体を手にした日を含む月のことです。もし1日にSIMカードが届いたのなら、1ヶ月丸々無料になるということです。しかし、今使っているスマートフォンなどの解約にかかるお金も考える必要がありますので、実際問題、月初まで待つのがお得とは言えないです。時期に関しては、慎重に検討してみてくださいね。

楽天モバイル料金プランについて

楽天モバイルの各種プランやその料金についてご案内させて頂きます。現在あなたが使用している携帯の契約料と比べて、どれくらい通信料を低く出来るかお考え下さい。どれだけ安いのか、楽天モバイルのプランや料金を細かく見ていきましょう。

料金と初期費用

楽天モバイルのプランは、スマートホン用のSIMには、データ通信のみ可能なSIMとデータ通信と合わせて音声通話が出来るSIMがあり料金が異なります。070/080/090番号を使う場合には、音声SIMを選ぶことになるので、今までと同じような携帯電話として使う為には、このまま音声通話SIMを選択してご利用ください。音声SIMの料金プランは、低速使い放題プランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円、20GBプランで4,750円、30GBプランで6,150円となっています。

データ通信専用SIMの月額費用は、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円、20GBプランで4,050円、30GBプランで5,450円となっています。

ベーシックプランは低速回線のみの使い放題というプランになり、ベーシックプラン以外は、低速でなくLTEの262.5Mbpsの高速回線が使用できるプランとなっています。初期費用は一律3,240円のみで、あとは、端末代ですね。

楽天モバイルの最低利用期間について

解約制限と解約手数料について、解説していきます。データSIMは、最低利用期間の決まりはありません。例えば初日に解約したとしても、解約手数料は発生しません。一方、通話SIMには利用期間が設けられており、最低でも12ヶ月となっています。一年以内に解約したい時には、違約金の9,800円を支払わなければなりません。決められた期間が自動で更新されてしまう、他キャリアと比べ 、13ヵ月経過した時点で違約金を支払う必要がなくなるので、その点は有難いことですね。

楽天モバイルの回線スピード

楽天モバイルの通信回線は、docomoと同じ225Mbpsのスピードを利用としたサービスを行なっています。スピードについては、何不自由ない速度ですね。格安でドコモの回線が利用できるという特徴が、楽天モバイル最大のメリットですね。これからのモバイルは格安スマホ、MVNOといったサービスが時代の主役になりそうですね。

楽天モバイルの72時間制限

キャリアにしろ、MVNOにしろ、全ての利用者に偏りのない通信サービスを提供するため、データ通信を使いすぎのユーザーには速度を抑える措置をとっていました。直前の3日間に通信したデータの容量に基づき、決められた容量を超過した利用者に対して、読み込み速度が遅くなる低速モードに強制的に変更されていたのですが、72時間制限が撤廃されたのです!つまり、楽天の格安SIMにおいては、映画を観たとしても、3日制限の恐怖に怯える必要はありません。72時間制限撤廃は本当に嬉しいですね。

いま開催中の割引キャンペーン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)