mineoのキャンペーン最新情報!

mineoのチェックすべき項目

mimneoはdocomoとauがそのまま利用できるケイ・オプティコムの格安SIM格安スマホサービスで、MVNOのひとつです。docomo・au・ソフトバンクなどのキャリアから乗り換えると、月々のスマホ使用料金が安くなりとてもお得な格安スマホです。月額1,310円とかなりお安い金額で利用できるサービスとして話題になっています。日本初のマルチキャリアMVNOであるmineoは、docomoプランとAUプランの2種類からプランを選べるので、個人の通信環境に寄り添ったサービスとして人気です。音声品質や対応エリアも同レベルのため、安心して使うことが出来ますね。さてさて、mineoのキャンペーンから料金プランまで網羅しましたので、圧縮した携帯料金を何に使うか考えるだけでワクワク。

docomoとdocomo・AUの基地局を利用した激安なスマホ!

mineoはdocomoとauのどちらの回線も使うことができるマルチキャリアを利用できます。その音声通話の品質は、docomo・AUの品質と同等の高いもので、サービスエリアもまったく変わりありません。今docomoやAUのスマホをお持ちでしたらそのまま使う事が出来る事も多く、新たに端末を購入する必要もありません。乗り換える時に高額な端末代を節約出来る事は大きなメリットですよね!SIMフリースマホを購入したいという方でも勿論mineoで購入できるようになっています。ドコモやauといった使い慣れたキャリア回線を安く利用でき、自分に合った回線を、docomo回線とAU回線の2系統から選択する事が出来ます。docomo回線かAU回線か、どちらにするかでプラン料金は若干違いますので、プラン内容を検討してどちらにするか決めるのがいいでしょう。

VoLTEに対応

mineoはMVNOの中でも早くからVoLTEに対応したことで話題となりました。VoLTEというのは、従来の音声通話よりも格段に音質が改善された、最新の通話技術の名称になっています。今までは、300Hz~3.4kHzまでの音質しか届けることが出来ませんでした。しかし、VoLTEでは拾える周波数が50Hz~7kHzまでと、かなり広がったのです。簡単に言うと、とても高音質な通話することが可能になっているということです。VoLTE対応を採用したmineoは、利用者にとってさらに魅力的なものとなりました。

翌月繰越にも対応

さらにmineoがオトクなのは、データ量を翌月に繰り越すことにも対応しているため、月によってデータ通信量の多寡のある方でも、データ容量を無駄なく使用することができるのが大きな特徴です。

mineoスイッチで通信量を抑える!

また、mineoには画期的なmineoスイッチというものがあり、その時の必要に応じて通信速度を高速と低速とに自由に切り替えることができます。データ容量を無駄使いしたくない人にはかなり重宝する、便利な機能です。mineoのスイッチととWi-Fiを上手に使い分けることで、さらに安くなるプランにすることもできます。スマホ代節約の救世主として、見逃せません。

mineo料金と初期費用

mineoの利用料のプラン、通信速度はどのようなものかご紹介します。毎月ごとの料金を比較していき、携帯料金がどれぐらい節約出来るか楽しみながら、参考にしてみてください。さて、mineoの料金プランを見てみましょう。

mineoの月額プラン・初期費用

mineoのプランは、データ通信専用SIMと音声通話SIMの二種類があります。音声通話機能付きSIMだと090や070、080といった携帯で使っている番号が使えるので、普通の携帯電話としても使いたいときには、音声通話が可能なSIMを選ばなければならないことに気をつけましょう。音声通話SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MBで1,310円、1GBで1,410円、3GBで1,510円、5GBで2,190円、10GBで3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで1,400円、1GBで1,500円、3GBで1,600円、5GBで2,280円、10GBで3,220円です。

データ専用SIMの月額費用は、Aプラン(AU回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円です。

mineoの解約手数料について

mineoのMNP転出手数料に関して、解説していきます。mineoは契約期間(他キャリアでは最低2年間の契約が必要)を設けていない格安スマホなので、解約違約金は発生しません。最低利用期間に縛られることなく、格安スマホを試すことができるという点において、MVNOのサービスとしては優秀なサービスだと言えます。ただ注意が必要なのが1年以内のMNP転出の場合で、この場合MNP転出手数料が12,420円必要になります。音声通話SIMを使う方は、注意する必要があります。

mineoの通信速度

mineoの通信の速度はどうなっているのか、調査しました。ドコモプランでは、docomo Xiに相当する最大225Mbps回線、auプラン(Aプラン)も同じく225MpsのLTE回線を使用しています。通信系のサイトなどでも比較されていますが、お昼や夜の混雑する時間帯に利用される場合は、混雑時はキャリアで契約した回線の方が高速です。混雑時間帯でも信頼できる一定の高速通信速度をお求めの方は、この点からもキャリア契約をお勧めいたします。毎月の使用料金が安いので、トータルで考えてもmineoをはじめとした格安スマホは、大変優れたサービスだと思われます。

mineo Aプランにおける通信制限

どこのMVNOを利用しても一緒ですが、利用する方たちが公平に使用できるために、何度もたくさんデータを送受信される方の通信スピードを規制される場合があります。直前の3日間に通信したデータの容量に基づき、契約時のパックプランの容量を超えたユーザーに対して、通常より遅い通信速度での使用ならば可能な速度制限が適用されます。この三日間の通信量がが定められた値を越えなければ、速度制限はなくなります。変な使い方をしなければそうそう引っかかることはありません。料金プランによる規定容量は規定されていないようで、Aプランは、各プランともに、直近3日で3GBが規定値に設定されています。

mineo docomo回線プランでの帯域制御

mineoでdocomo回線を利用したプランは、直近の3日間のデータ通信量においての速度制限はありません。日々のデータ通信量が一定でなく変動することが多い方は、auプランよりもこのドコモプランで契約することで、使用には3日制限への心配がないでしょう。このような特徴も踏まえて、どのプランで契約するか比較を行うとよいでしょう。

期間限定の限定キャンペーン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)